肝機能の低下で口臭が発生することも

どんなに口臭のケアをしても、口臭がなくならない!
そんなあなた、実は肝臓が悲鳴をあげているのかもしれませんよ?

 

肝機能低下によって口臭が酷くなるというのは、意外と知られていないもの。
このページでは、肝機能低下によって引き起こされる口臭についてご説明していきましょう。

なぜ、肝機能低下で口臭がきつくなるのか?

口臭と肝臓の関係について話す女医

肝臓の機能のひとつに、「解毒」というものがあります。これは体内に取り込まれた有害物質や、体内で発生した有害物質を毒のない状態にして体外へと排出する作用のことです。実は私達が普段当たり前のように行っている食事の過程でも、有害物質が発生します。

 

それが、アンモニアです。アンモニアは食べたものが消化される時に、必ず発生してしまいます。これを無害な物質である尿素へと変えて、体外に排出させるのが肝臓の役目のひとつなのです。

 

しかし、肝機能が低下してしまうと、このアンモニアを処理する力も弱くなってしまいます。そうして処理されることなく身体に残ってしまったアンモニアは、体内を巡ることになるのです。その結果、肺にもアンモニアの臭いが運ばれてしまい、口臭がきつくなってしまうことに繋がります。

口臭でわかる肝機能の低下具合

上記のとおり、肝機能低下が進めば進むだけ、口臭も強くなっていきます。まだ、肝機能低下が始まって間もない時ならば、そこまで強く臭うこともないでしょう。しかしこの段階でも、すでに口臭にドブやカビのような臭いが混ざったり、雑巾のような臭いがしたり…といった変化が見られるようになります。

 

ここからさらに肝機能低下が進んでいくと、アンモニアの臭いが強くなってくるのです。特に、肝疾患が重度の状態まで進むとかなりきついアンモニア臭がするようになります。症状の進行とともに口臭がきつくなると覚えておけば、身体からの危険信号を逃がしにくくなるでしょう。

肝機能が衰える原因は?

肝機能低下によって引き起こされる口臭を予防するためには、肝機能低下の原因を知る必要があります。もしかしたら、知らず知らずのうちに、肝臓に負担をかける生活をしてしまっているかもしれないのです。それでは、自分の状態について簡単にセルフチェックしてみましょう。

 

  • 大量の飲酒を毎日している
  • ついつい食べ過ぎてしまう
  • 睡眠不足になりがち
  • 薬を常用している
  • 精神的なストレスを感じやすい、また常に感じている
  • 過剰な運動をしたり、逆に運動不足になっている

 

以上のうち、当てはまるものはあったでしょうか?
このような生活習慣は、肝機能低下を引き起こす原因になります。

 

肝臓は沈黙の臓器とも呼ばれ、重篤な状態になるまで症状を察知することができないものです。そのため、肝臓に負担をかける生活習慣を続けていると肝機能が低下し、それが口臭に異変として出てくるようになってしまいます

肝機能が低下するとこんな症状が…

肝機能が低下してくると、肝臓自体の変化ではなく、身体全体に異変が現れるようになります。

 

  • 妙に疲れやすい
  • 日中眠くなることが多い
  • 肩こり、首こりがひどい
  • 便秘がちで、腹が張ることがある
  • ぐっすり熟睡することができない
  • ちょっとしたことでイライラしてしまいがち
  • めまいを感じることがある
  • 右側のみぞおちが痛い

 

このような症状が出てきている場合、肝機能低下が進行している可能性が高いと言えます。
持続的な身体の異変と共に、口臭を感じるようなことがあれば、肝機能低下を疑いましょう。

 

口臭は、人前に出るときだけ気にするものの、肝臓のことまで気にしていないという人は多くいます。少しでも口臭に異変を感じたら、また何をしても解決しない口臭に悩んだ時は肝臓のことを思い出して下さい。そして、肝臓を労る生活習慣を身につけて、キツイ口臭を撃退していきましょう。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング