肝臓の病気の種類について

肝臓病の種類を説明する男性医師

一概に肝臓の病気といっても、様々なものがあります。このページでは、肝臓のいくつかの病気についてい説明していくことにしましょう。

脂肪肝

脂肪肝とは、その名の通り肝臓に脂肪が蓄積されてしまった状態のことを言います。肝臓が太った、といえば分かりやすいでしょうか。その名前から、太っている人に起こるものと思われがちですが、
アルコール性脂肪肝の場合は痩せている人でもなる可能性があるので注意が必要です。

 

アルコール性脂肪肝

アルコールの過剰摂取が原因で起こる脂肪肝のことを言います。アルコールが原因となっているため、痩せている人でもアルコールを過剰に摂取しがちだとなりやすいです。
体内に入ってきたアルコールの処理は肝臓で行われていますが、過剰に摂取しすぎると肝臓は疲れ、機能が低下してしまいます。その結果、肝臓が中性脂肪の処理を行うことができず、どんどん脂肪が蓄積してしまうことで脂肪肝になるのです。

 

非アルコール性脂肪肝

肥満傾向にある人や糖尿病の人が起こしやすい脂肪肝です。肥満傾向であったり糖尿病にかかっていると、インスリンの働きが衰えます。その結果、肝臓に脂肪がたまりやすくなってしまうのです。また、近年では特に肥満体質であったり、糖尿病ではない人でも不規則な生活や運動不足が原因で非アルコール性脂肪肝になる可能性があるということが分かっています。

 

これらの脂肪肝には、殆ど症状がないと言われています。
人によっては疲労感や食欲の低下、二日酔いしやすくなるなどの症状が現れることがありますが、どれも大したことではないと思われやすく、見逃してしまいがちです。

 

肝炎

肝臓の細胞が破壊されてしまうことが原因となり、起こります。
ウィルス性のものをはじめとして、アルコール性肝炎や非アルコール性脂肪性肝炎など、様々なものがあります。

 

ウィルス性肝炎

B型肝炎やC型肝炎など、ウィルスによって起こる肝炎のことを言います。ウィルス性の肝炎は放置しておくと肝硬変や肝臓がんに発展する可能性も高いため、注意が必要です。

 

アルコール性肝炎

アルコールの飲み過ぎによって脂肪肝になったまま放置しておくと、アルコール性肝炎を引き起こします。アルコールの飲み過ぎによって肝細胞が破壊されてしまうことで炎症が起きるためです。

 

非アルコール性脂肪性肝炎

アルコールを飲んでいない人が脂肪肝を放置することでかかってしまう肝炎です。そのまま放置しておくと肝硬変や肝臓がんにつながるため、注意が必要です。

 

非アルコール性脂肪性肝炎は、特に無理なダイエットをしてしまう人が起こしやすいと言われています。無理なダイエットをして痩せて、リバウンドをして…というのを繰り返すことは、肝臓に大きな負担をかけます。その結果、肝細胞が炎症を起こして肝炎につながるのです。

 

以上が主な肝炎の種類となります。
これら肝炎の症状として代表的なのは、黄疸や疲れ、吐き気、発熱などです。少しでも気になる症状がある場合は、早めに医師の診断を受けましょう。

 

肝硬変

脂肪肝を放置してなる肝炎を更に放置していると、やがて肝細胞が機能を失って小さく硬くなってしまいます。これが肝硬変です。小さく硬くなった肝細胞は完全に機能をなくしてしまうため、肝硬変になると肝臓の機能は大幅に低下するようになります。

 

初期段階では、殆ど症状はありません。しかし、進行してくるとだんだん症状が現れるようになってきます。主な症状は、黄疸や腹水、むくみ、疲労感、食欲低下などが挙げられます。

 

肝臓がん

肝臓の病気の中でも最も恐ろしいのが、肝臓がんです。

 

肝硬変が進行したことで起こる原発性肝臓がんと、他の部位から転移することで起こる転移性肝臓がんの2種類があります。どちらの場合も、初期段階ではほとんど自覚症状を感じることはありません。

 

進行してくるとだんだん自覚症状を感じるようになるのですが、感じるようになった頃には末期になっていることも多いと言われています。そのため、できれば定期的に検診を受けるようにすることが望ましいといえるでしょう。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング