肝臓に良い食べ物と悪い食べ物

肝臓の健康を維持するために、肝臓に良い食べ物を食べて行きたいですね。
また、肝臓に悪い食べ物についての知識も頭に入れておきたいところです。
そこで、ここでは肝臓に良い食べ物と悪い食べ物についてをご紹介していきたいと思います。

肝臓に良い食べ物は?

しじみ

まず、肝機能を回復させる効果を期待できると言われているタウリンやオルニチンは、シジミや牡蠣などの貝類やタコ、イカなど魚介類に豊富に含まれています。特にシジミ、牡蠣には豊富なオルニチン・タウリンが含まれているので、積極的に食べたいところです。

 

また、アブラナ科の野菜に多く含まれているスルフォラファンも肝臓をサポートしてくれる栄養素であるため、積極的に食べると良いでしょう。

 

また、その他にも肝臓に良い食べ物はいろいろあります。

ビタミン類

肝臓は酸素を消費しながら活動をしているため、その廃棄物である活性酸素がたくさん発生しやすいと言われています。活性酸素は、体内の細胞などを酸化させ、老化させてしまうものなので肝臓に負担をかけやすいです。

 

その活性酸素を除去するのに役立つのが抗酸化ビタミンと言われているビタミンA、ビタミンC、ビタミンEです。ビタミンAはレバーに、ビタミンCは緑黄色野菜や柑橘類、ビタミンEはゴマなどに多く含まれています。積極的に食べて行きましょう。

 

タンパク質

何らかのダメージによって壊れてしまった肝細胞を修復するためには、酵素が必要です。そして、酵素はタンパク質から作られているため、積極的にタンパク質を摂取することが大切になります。

 

近年ではダイエットなどで肉類の摂取を控えてしまう女性が多いですが、これは肝臓にとってNGです。肉類は控え過ぎないようにして、きちんと食べましょう。また、大豆製品やゴマ、玄米などには植物性タンパク質が多く含まれています。これらも積極的に食べることをおすすめします。

 

肝臓に悪い食べ物は?

肝臓に悪い食べ物を考える女性

肝臓に良い食べ物がある反面で、もちろん悪い食べ物も存在します。それでは、肝臓に悪影響を与えてしまいがちな食べ物をご紹介しましょう。

 

脂質の多い食べ物

生クリームやバターなどの乳製品や牛肉の脂身などは動物性脂肪が多く、中性脂肪として肝臓に蓄積してしまいやすいです。摂取しすぎると脂肪肝などにつながる可能性もあるため、食べ過ぎには注意しましょう。

 

糖質の多い食べ物

糖分の高い飲料水や菓子類などは糖質が高いです。これも中性脂肪を肝臓に蓄積させやすくするため、食べ過ぎには注意が必要です。特に注意したいのは、果物です。果物はヘルシーなものと考えられていますが、実は糖質を高く含んでいるものもたくさんあります。そのため、食べ過ぎには気を付けるようにしましょう。

 

添加物が多い食べ物

加工食品など、添加物を多く含んでいる食べ物も肝臓に負担をかけます。肝臓が添加物の解毒などを行わなければならない他、添加物の中には中性脂肪を増やしてしまうものがあるためです。添加物が多い食べ物は、できるだけ控えるように心がけましょう。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング