肝臓の機能を改善させるにはオルニチンが効果的

オルニチンの説明をする看護師

ここ数年、肝臓の機能を改善させる効果が期待できるオルニチンという栄養素が注目されているのをご存知でしょうか?

 

お酒が好きな人は勿論のこと、脂っこい食べものが好きな人やタバコを吸っている人などは特に、肝臓に対して大きな負担をかけやすいです。

 

肝臓は「沈黙の臓器」という別名を持っており、ちょっとしたダメージではSOSを出してくれません。そのため、自覚症状を感じるようになった時は既に手遅れになっていることも少なくないのです。

 

そこでそうなる前に肝臓を労って、健康な肝臓を維持していけるように、オルニチンを積極的に摂取する人が増えています。ここでは、オルニチンが持つ働きや、具体的にどんな効果・効能を期待できるのかご紹介していきましょう。

オルニチンが持つ働きとは?

肝臓は、私たちの体内に入ってきた有害な物質を分解して無害なものにしてくれています。また、その他にも代謝をサポートしたり、胆汁を生成したり、エネルギーを貯蓄できる場所となっていたり、私たちの生命活動を維持する上で様々な働きを担っているのです。

 

オルニチンは、こうした様々な肝臓の働きの中でも特に、「有害な物質を無害なものにする働き」をサポートする栄養素と言われています。体内に摂取されたオルニチンは、血液に溶け込んで肝臓へと運ばれ、そこで活躍するのです。

 

肝臓に運ばれたオルニチンは、同じく有毒なものとして肝臓に運ばれてきたアンモニアと結合してくれます。こうして両者が結合することで、アンモニアは有毒なものから無毒なものへと変わるのです。つまり、オルニチンは肝臓が行っている解毒作用をサポートし、肝臓の負担を軽減させてくれることになります。

 

⇒おすすめのオルニチン配合サプリメントはこちらから

アンモニアが解毒されないと大変なことに…

肝臓の機能が低下したり、オルニチンが不足してしまったりすると、アンモニアの解毒が正常に行われなくなってしまいます。すると体内にアンモニアがどんどん溜まってしまうことになるのです。

 

体内に留まったアンモニアは、ミトコンドリアの働きを阻害するため、ブドウ糖やATPの生成が順調に行われなくなります。ブドウ糖やATPは人間が生命活動を行っていく上で必要不可欠なエネルギーを生成するものです。これらの成分が生成されにくくなることでエネルギー不足に陥り、疲れやすい体になってしまうのです。

 

肝臓のために積極的にオルニチンを補おう

上記のように肝機能が低下して体内にアンモニアが滞るようになると、疲労の原因になってしまいます。また、そうなると肝機能が低下してしまうため、アルコールの分解もしにくくなったり、胆汁の生成なども正常に行われなくなってしまうでしょう。

 

このような悪循環を防ぐためにも、オルニチンを積極的に摂取していくことは非常に大切です。オルニチンが肝臓の働きをサポートしてくれるだけでなく、ミトコンドリアの働きも高めてくれるため、肝臓機能の回復はもちろん、疲れにくい体づくりをしていくことも期待できるでしょう。

 

オルニチンを効率よく補うには?

オルニチンを豊富に含む食べ物として有名なのは、しじみや牡蠣などの魚介類です。しかし、1日あたり必要なオルニチンを食べ物だけで摂取しようと思うと、なかなか大変なことになります。例えばしじみを食べて1日に必要なオルニチンを摂ろうとするなら、大量に食べなければならないのです。それを毎日続けていく…と考えると、流石にげっそりしてしまいますね。

 

そこで最近、肝臓の健康維持に励んでいる人の間で注目されているのが、オルニチンが含まれているサプリメントです。サプリメントなら食べ物のように飽きてしまう心配もなく、毎日簡単に続けていくことができます。最も効率よく必要なオルニチンを摂取できるので、肝臓の健康が気になっている人はぜひ、試してみると良いでしょう。

 

⇒おすすめのオルニチン配合サプリメントランキングはこちらから

 

このように、肝臓機能を回復させるためにはオルニチンが良いと言われています。
疲れがなかなか取れなかったり、お酒に弱くなったり、二日酔いしやすくなったり…と、肝臓機能の低下が疑われるような症状を感じている人は、ぜひオルニチンを積極的に摂取してみてくださいね。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング