タウリンの肝臓に対する効果について

タウリンの説明をする男性医師

タウリンも肝臓に良い影響を与えてくれることが期待される栄養素の1つです。そんなタウリンですが具体的にどのような働きを持っているのでしょうか。ここではタウリンについて詳しくご紹介していきたいと思います。

 

どうしてタウリンが肝臓に良いと言われるのか?

牡蠣など魚介類に多く含まれていると言われているタウリン。そんなタウリンには、注目すべき2つの働きがあると言われています。

肝臓の細胞が再生をサポート

肝臓には日々有害なものが送られ、それを処理しなければならないため、肝臓内の細胞はどんどんダメージを負ってしまいます。特に肝臓が分解作業をしている段階で発生するアセトアルデヒドや抗酸化物質は、肝細胞に大きな負担をかけてしまうのです。

 

肝臓は、こうして細胞がダメージを受けても、自分で再生する力を持っています。しかし、アルコールの過剰摂取やストレスなどで、連日のように肝臓に負担がかかっていると、細胞の再生が追いつかなくなってしまうのです。その結果、肝細胞が弱って、肝臓の働きがどんどん悪くなってしまいます。

 

タウリンを摂取すると、こうして日々ダメージを受けている肝細胞の再生をサポートしてくれるのです。そのため、肝細胞が回復しやすくなり、肝機能低下を防止できるでしょう。

胆汁酸の分泌を活性化

胆汁酸は血液中に含まれたコレステロールを排出してくれています。血液中のコレステロールが多くなりすぎると、肝臓に余分なコレステロールが溜まる原因となり、脂肪肝などの危険性が高まるのです。胆汁酸の分泌が促進されることで、血中のコレステロール値を低下させることができるため、肝臓への負担を軽減できるでしょう。

 

タウリン配合サプリメントのおすすめランキング

脂肪肝にも効果を期待できるタウリン

肝臓=アルコールというイメージが強い人は多いと思います。しかし、アルコールを全く飲んでいない人でも、脂っこい食べ物や高カロリーの食べ物が好きな人は、知らないうちに肝臓に負担をかけている可能性があるので注意が必要です。

 

こうした食べ物ばかり食べていると、肝臓にどんどん中性脂肪が溜まってしまいます。その結果、肝臓の肥満症「脂肪肝」に繋がってしまうのです。

 

タウリンには、肝臓に溜まってしまった中性脂肪を除去するという働きがあります。加えて、肝臓に余計な脂肪が溜まらないように、肝臓に運ばれてきた脂肪を排出してくれる働きもあるのです。そのため、脂肪肝の予防や改善にも、良い効果を期待できるでしょう。

 

肝臓のろ過機能も高めてくれる?

肝臓には、体内の不要物と必要な物をろ過する機能があります。このろ過機能が十分に作用していないと、体内において毒素となる物質を排出することができなくなり、様々な悪影響を及ぼすことになるのです。

 

例えば、疲れやすくなったり、代謝が低下して脂肪を燃焼しにくくなったりしてしまいます。タウリンには、肝臓のろ過機能を高める働きもあるため、このような悪影響が出るのを防ぐことができるでしょう。

 

 

このように、タウリンは肝臓に様々な良い影響を与えてくれることが分かっています。
沈黙の臓器だからこそ、積極的に肝臓を労る栄養素を補っていきたいですね。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング