お酒の飲み過ぎは肝臓に負担をかけすぎる

肝臓に最も大きな負担をかけてしまうと言われているのが、お酒を飲み過ぎることですね。
このページでは、お酒と肝臓の関係について説明していきたいと思います。

お酒を飲むと肝臓に負担がかかるのはどうして?

ビール

体内に摂取されたアルコールは、肝臓でまずアセトアルデヒドに分解され、そこから更に無害である酢酸へと分解されていきます。この分解の途中で発生するアセトアルデヒド。これが実は、人間の体にとって有害な物質なのです。

 

また、肝臓はアルコールを分解した後、更にアセトアルデヒドまで分解しなければならないため、二重の手間がかかります。

 

そのため、アルコールを過剰に飲んでしまうと、アセトアルデヒドの分解が追いつかなくなり、体内にアセトアルデヒドが蓄積してしまうようになります。

 

こうしてアセトアルデヒドが分解されないまま残ってしまうと、次の日に二日酔いなどの不快な症状が現れるようになるのです。

 

もちろん、アセトアルデヒドが体内に残ると肝臓にも負担がかかります。毎日のようにアルコールを過剰摂取し続けていると、アセトアルデヒドが体内に残った状態が続くため、脂肪の分解を妨げ、肝臓に脂肪が蓄積しやすくなってしまいます。

 

さらに、すでに脂肪肝となっている場合は、アセトアルデヒドによって肝細胞が破壊されてしまうため、非常に危険です。

 

お酒を飲むとしても適量がベスト!

休肝日

肝臓に負担をかけないためには、ある程度お酒を飲む量を控えるようにすることが重要です。お酒が大好きな人にとっては、飲む量を控えるというのは非常に難しいことかもしれません。

 

でも、気にせずに飲み続けて肝臓を危険にさらしては、元も子もないでしょう。普段からお酒は適量を飲むように心がけていきましょう。ちなみに、1日あたりのお酒の適量は、以下のとおりです。

 

  • ビール(中瓶1本程度)
  • 日本酒(1合程度)
  • 焼酎(0.5合程度)
  • ウイスキー(シングル2杯程度)
  • ワイン(ワイングラスに2杯程度)

 

以上が、1日あたりのお酒の適量となります。毎日お酒を飲みたいという人は、この量を目安にしていくことをおすすめします。また、できれば1週間に1度で良いので、お酒を全く飲まない休肝日を設けるようにしましょう。1日だけでも飲まないのを我慢できないのであれば、ノンアルコールビールを飲むようにするだけでも、いくらか違うと思います。

 

肝臓の健康を維持していくためにも、お酒とは上手に付き合っていくようにしてくださいね。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング