肝機能を高めるために有効な栄養は

肝臓に良い栄養を説明する看護師

肝臓の健康を維持していくために、肝臓に良い影響を与えてくれる栄養素を摂取していきたい。そう考えている人は多いと思います。

 

では、どのような栄養素が肝臓に良い影響を与えてくれるのでしょうか?このページでは、肝臓に良いとされている栄養素をいくつかご紹介します。

 

オルニチン

体内に存在しているアミノ酸の1つです。主にしじみや牡蠣といった貝類などに多く含まれています。

 

オルニチンは、肝臓の解毒作用である「オルニチンサイクル」でたくさん消費されています。オルニチンサイクルが行われることによって、有毒なアルコールやアンモニアなどが解毒されています。

 

そして、その解毒の時にオルニチンが消費される仕組みとなっています。つまり、肝臓の解毒作用が正常に行われるかどうかは、十分なオルニチンがあるかどうかで決まってくるわけです。

 

万が一オルニチンが不足してしまっていれば、オルニチンサイクルが正常に行われなくなるため、解毒作用も十分に行われず、二日酔いになりやすくなったり、疲れがたまりやすい体が出来上がってしまいます。

 

タウリン

牡蠣

タウリンは牡蠣など貝類を中心に、イカ、タコ、魚の血合いなどに多く含まれている栄養素です。そして、肝臓の働きをサポートする栄養素の1つでもあります。

 

タウリンには、肝臓の細胞膜を安定させてくれる働きや、肝細胞が再生するのを助ける働きがあります。

 

また、胆汁酸の分泌を高めてくれるため、血中のコレステロールとどんどん結びついて胆汁を生成するので、コレステロール値を下げる効果も期待できます。

 

このような働きから、タウリンも肝臓をサポートしてくれる栄養素の1つと言われているのです。

 

⇒タウリンたっぷり!濃縮牡蠣エキス★海乳EX

スルフォラファン

ブロッコリストラウト

肝臓にタウリンやオルニチンが良いという話は有名ですが、スルフォラファンも良いということは、まだ知らない人も多いのではないでしょうか。

 

スルフォラファンとは、ブロッコリーなどアブラナ科の野菜を中心に多く含まれている栄養素です。この栄養素には、解毒酵素を活性化させる働きがあるため、肝臓の解毒作用をサポートしてくれます。そのため、肝機能を高める効果を期待できると言われているのです。

 

さらに、免疫力を高めたり、老化防止の効果も期待できると言われています。スルフォラファン自体が抗酸化作用を持つと言われているため、肝細胞が酸化してしまうのを防ぐこともできるでしょう。このように、スルフォラファンは肝臓の健康を保つために良い栄養素の1つなのです。

 

⇒カゴメのスルフォラファンの公式サイトはこちらから

 

 

以上が、肝臓に良い影響を与えてくれる主な栄養素となります。
オルニチンやタウリンは有名ですが、スルフォラファンは知らなかったという人も多いことでしょう。これらの栄養素、肝臓の健康のためにも毎日積極的に補っていきたいですね。

 

でも、食事ではなかなか難しい…という人におすすめなのがサプリメントです。食事と違って気を使う必要もなく、手軽に続けられるので忙しい人でも問題ありません。サプリメントで積極的にこれらの栄養素を補って、肝機能向上に役立ててみてはいかがでしょうか?

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング