お酒を飲まないのに肝機能の数値が高い理由は?

健康診断の検査結果を持つ医師

「肝臓はお酒を飲む人が注意しなければならない臓器。自分はお酒を飲まないから大丈夫」なんて安心していませんか?実はお酒を全く飲まない人でも、肝臓の数値が高くなってしまうことがあるんですよ。

 

このページでは、どうしてお酒を全く飲まない人でも、肝機能数値が高くなってしまう可能性があるのかを説明していきたいと思います。

お酒を全く飲まなくても、脂肪肝になっている可能性が…?

脂肪肝とは、肝臓に中性脂肪が30%以上たまってしまった状態のことを言います。この脂肪肝には、アルコール性のものと、非アルコール性のものがあることをご存知でしょうか?

 

お酒をよく飲む人がなるのが「アルコール性脂肪肝」、お酒を全く飲まない人でもなってしまうのが「非アルコール性脂肪肝」です。非アルコール性脂肪肝は、脂っこい食べ物が好きだったり、肥満傾向の人や運動不足の人がなりやすいものと言われています。

 

そのためお酒を全く飲んでないという人も、健康診断での数値が高かった場合は、脂肪肝になっているかもしれないため注意が必要です。

脂肪肝を放置しているとどうなるの?

脂肪肝になると肝機能が低下することはありますが、特に重篤な症状が起こることはありません。この状態では、疲れやすくなったり、二日酔いしやすくなったり、倦怠感を感じたりといった自覚症状が現れますが、日常生活に支障をきたすレベルではないため、気にしないで放置してしまう人が多いです。

 

しかし、脂肪肝は放置していると重篤な病気に発展してしまう可能性もあるので注意が必要です。

 

具体的に説明すると、脂肪肝を放置しているとまず、脂肪肝炎を起こします。この状態になると、肝臓の細胞が線維化していき、どんどん機能が低下してしまうのです。

 

さらに放置し続けると、肝臓の細胞が完全に線維化して肝臓全体が小さく固くなってしまう肝硬変に発展します。ここまでくると肝臓の機能が殆ど失われてしまうだけでなく、肝臓がんに発展する可能性も高くなるため危険です。

肥満気味の人、糖尿病の人は要注意

非アルコール性脂肪肝になりやすいと言われているのは、肥満傾向の人です。脂っこい食べ物やカロリーの高いものが好きだったり、運動不足になっていると、肝臓は脂肪を処理しきることができなくなります。そのため、処理できない脂肪がどんどん肝臓に蓄積されてしまうのです。このため、特に肥満傾向の人は注意が必要となります。

 

また、糖尿病を患っている人や、糖尿病の疑いがある人も注意が必要です。非アルコール性脂肪肝の人の殆どは、インスリンの働きが悪い傾向にあると言われています。そのため、血糖値が高い人は脂肪肝にも注意した方が良いでしょう。

 

 

このように、お酒を全く飲まない人でも、肝臓にダメージを与えてしまう可能性はあります。自分はお酒と無縁だから…と軽く考えず、サプリメントでしっかり肝臓をサポートする栄養素を補いつつ、生活習慣の改善や適度な運動をして、肝臓の健康を維持していきましょう。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング