肝臓が弱るとどういった症状が出るか

人間が健康に生活していくためには欠かせない肝臓。その肝臓が弱ってしまった場合、どのような症状が現れるのでしょうか。このページでは、肝臓が弱った時に現れやすい症状についてご紹介していきます。

肝臓は沈黙の臓器

肝臓

皆さんは肝臓が沈黙の臓器と呼ばれていることをご存知でしょうか?このように呼ばれているのは、その名の通り肝臓はなかなかSOSを出してくれないためです。

 

肝臓は多少のダメージであれば自分で修復してしまう強い臓器である上に、ダメージを受けすぎてもなかなか自覚症状を出してくれません。そのため、肝臓病を患う人の多くは、ある程度状態が進行してしまうまで全く気づかないと言います。

肝臓が弱ると現れやすい症状について

基本的には沈黙の臓器と言われている肝臓ですが、やはり弱ってくると様々な症状が現れるようになります。それでは、肝臓が弱った時に現れやすい症状について、いくつかご紹介しておきましょう。

 

肝臓が弱った時に現れやすい症状一覧
  • 全身の倦怠感や脱力感
  • 微熱が続く
  • 眠気がひどい
  • 不眠症
  • 体重の低下
  • 食欲の低下
  • 膨満感
  • 吐き気
  • 二日酔いになりやすくなる
  • 便の色が白くなる(脂肪便という)
  • 黄褐色の尿が出るようになる
  • 爪が白くなる
  • むくみ
  • 黄疸

 

以上が、肝臓が弱った時に現れやすい症状です。

 

このように、肝臓が弱ってくると様々な症状が現れるようになるのですが、その症状の殆どは、ちょっとした疲れや風邪などで感じることもあるものであるため、肝臓と結びつけづらいのが難点です。

 

このため、自覚症状を感じても「少し疲れてるだけだろう、体調が悪いだけだろう」などと勘違いしてしまいやすく、発見が遅れてしまうケースが多いと言います。

 

ただし、この中でも肝臓が悪い場合に多く現れる症状が1つあります。それが、黄疸です。黄疸とは、眼球の白いところや皮膚などが黄色っぽく変色してしまう症状のことです。これは肝臓が弱った時に起こりやすい症状であるため、この症状が出ていたら肝臓が弱っていることを疑ったほうがいいかもしれません。

 

黄疸があり、尚且つ他の症状が現れている場合は、要注意です。早めに病院で診断を受けるなどして、対処していくようにしましょう。

 

 

沈黙の臓器と呼ばれている肝臓ですが、弱ってくれば少しずつSOSを出してくれるはずです。なかなか気付きにくいかもしれませんが、自分の体調に注意して、少しでもおかしいと思うことがあれば早めに対策を取るようにしていきましょう。

 

特にアルコールが好きな人や脂っこい食べ物が好きな人など、肝臓を酷使してしまいがちな人は、これらの症状に注意するようにしてください。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング