脂肪肝の症状と改善方法は

日々、私たちが生きるために働き続ける肝臓。この肝臓に脂肪がついてしまって、フォアグラと同じ状態になってしまっていることを脂肪肝といいます。この脂肪肝の症状や改善方法には、一体どのようなものがあるのでしょうか。

脂肪肝って?

脂肪肝を説明する医師

脂肪肝とは読んで字のごとく、肝臓に脂肪が溜まってしまった状態を指します。

 

本来、食事でとった脂肪は小腸で脂肪酸に分解されたあと肝臓へと運ばれ、それがエネルギーに変換されるわけです。しかし、糖分や脂質を摂取しすぎてしまうと、小腸から肝臓へ送られる脂肪酸の量が増え、それが中性脂肪に変わって肝臓に溜まることになります。

 

こうして、どんどん脂肪酸が中性脂肪へと変化して、肝臓に溜まりすぎてしまった状態が脂肪肝なのです。肝臓全体の5%以上が脂肪である場合、脂肪肝と呼ばれることになります。

脂肪肝の症状とは

脂肪肝自体には、特に自覚症状がありません。

 

肝臓はもともと、非常にタフな臓器です。ある程度のダメージを受けても自分の再生能力や代償能力によって機能を維持してくれます。また、肝臓には痛みを感じる神経がないため、脂肪が肝臓に溜まっていても何か異変を感じることはないのです。

 

そのため、何かおかしいと感じたときにはかなり肝臓の異常が進んでしまっている状態、ということが少なくありません。ですから、定期健診が脂肪肝を発見・改善するためには一番有効な手段なのです。

脂肪肝の原因は?

脂肪肝になってしまう原因は、大きく分けて2つあります。

肥満・糖尿病・アルコール

脂肪肝の多くの原因はこの3つ。肥満、糖尿病、そしてアルコールの摂取過多です。

 

カロリーの高い食事や、肉ばかりの食事、栄養バランスの悪い食事を続けていると肝臓に負担をかけることになります。ある程度、肝臓のはたらきで中性脂肪の量はコントロールできるのですが、放置すればどんどん肝臓に中性脂肪が溜まることになり、その結果脂肪肝を誘発することに繋がるのです。

糖質

糖質の中でも特に注意しなくてはいけないのが、果糖です。果物に含まれる果糖は体に良いとも言われていますが、摂取しすぎてしまうと脂肪肝を招くことがあります。

 

また、その他にも血圧の上昇や中性脂肪の増加、インスリンへの抵抗性などのメタボリックシンドロームの兆候が現れてしまうことがあるのです。また、糖尿病や高血圧、腎臓障害にも関係するおそれがあるので注意しましょう。

脂肪肝を改善するためには

脂肪肝になってしまったら終わり、ではありません。実は脂肪肝になってしまっても、生活習慣を改めれば意外と簡単にもとに戻ることができるのです。

食事内容を見直す

ずばり、食事は低カロリー・低脂肪食にするのがベスト。脂肪肝になってしまったら、まずは肝臓に溜まった脂肪を取り除かなくてはいけません。そのためにはダイエットが必要です。食べ過ぎているのなら量を減らす、食事が偏っているなら偏りをなくすことが大切となります。

アルコールは適量に

毎晩大量のお酒を飲んだりしていませんか?それも、脂肪肝になる原因のひとつです。アルコールの大量摂取で傷ついた肝臓の細胞が回復しきらないうちに、またお酒を飲むとさらに症状が悪化します。

 

いきなり禁酒、というのも難しいでしょうから、少しずつ減らしていってゆくゆくは適量を飲むように心がけましょう。また、定期的に検診をきちんと受けて肝臓の数値をチェックすることも忘れずにしてください。

運動する

脂肪肝になる人の多くは、運動不足ぎみの傾向があります。そしてもちろん、運動不足は脂肪肝を招くキッカケとなるものです。もし運動不足が気になっている場合は、週250分以上の早歩き、といった少々強めの有酸素運動をしてみましょう。体重は減らずとも、肝臓に溜まった脂肪の減少や善玉コレステロールを増やしてくれる効果がありますよ。

 

 

肝臓は沈黙の臓器。脂肪肝になってもそれは変わりません。できるだけ肝臓を労り、また定期的に状態を確認するためにも検診に行くようにし、日々バランスの良い食事と適度な運動を心がけて脂肪肝を予防・撃退しましょう。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング