喫煙は肺だけでなく肝機能も低下させる

タバコ

喫煙は、「百害あって一利なし」と言われています。まさしくその通りで、タバコは吸えば吸うだけ体に害を及ぼすもの。一時のストレス解消にはなるかもしれませんが、それと引き換えにどんどん体の機能は低下していってしまうのです。

 

そんなタバコは、実は肝臓にも影響を及ぼしています。愛煙家のみなさん、知らない間にあなたの肝臓はタバコによって傷つき弱っているかもしれないのです…。

タバコの有害物質は肝臓で解毒されている

タバコには多くの有害物質が含まれていますが、そのすべては肝臓で処理されています。タバコを吸うたびに、肝臓はその毒素を分解し、体に害をなさないように働き続けているのです。

 

また、タバコを吸う人のほとんどは1日に数本、ヘビースモーカーの人なら数箱吸いますよね?これもまた、肝臓に負担をかける原因の一つです。タバコを吸うたびに肝臓が解毒をしているということは、つまりほぼ丸一日、肝臓はタバコの毒素を解毒するために働き続けていることになります。

 

いくらタフな肝臓といえども、酷使すれば疲弊して機能も低下してしまうでしょう。それが続けば…最終的に、肝臓は機能不全を起こしてしまうことに繋がります。

肝機能を低下させるタバコの有害物質

タバコに含まれる有害物質の中でも、特に肝臓に負担をかけているのが「タール」と「ニコチン」です。

タール

タバコに多量に含まれている、タール。タールには、発がん性があることが知られていますが、もうひとつ悪酔いの原因となるともいわれているのです。

 

アルコールを摂取したとき、肝臓はアルコールを無害なものにするために分解を始めます。このとき、分解の過程でアセトアルデヒドという有害物質が生まれるのです。これをさらに分解し、最終的には酢酸と二酸化炭素の状態になり、体外へと排出される仕組みとなっています。

 

ところが、タールが体内にあるとこの過程を邪魔してしまい、アセトアルデヒドがうまく分解されず体内に残り続けてしまうのです。その結果、二日酔いになりやすくなったり、悪酔いをしてしまったりすることに繋がります。

 

また、有害物質が肝臓内に滞在する時間が長いため、肝臓への負担も相当なものになるのです。繰り返せば、肝臓には深いダメージが入り、深刻な肝機能障害になることも考えられるでしょう。

ニコチン

タバコに依存してしまう原因でもある、ニコチン。ニコチンは血管を収縮させ、血流を悪くしてしまうはたらきを持っているものです。

 

タバコを吸うと血中のニコチン濃度が上がりますが、この血中にあるニコチンは肝臓によって少しずつ解毒されていきます。すると、血中ニコチン濃度が下がり、これが原因で「またタバコを吸いたい」という衝動が生まれてしまうのです。こうしてタバコを吸ってある程度血中にニコチンがある状態が保たれていないと、喫煙者はイライラしたり怒りっぽくなってしまいます。これが俗にいう「ヤニ切れ」の状態です。

 

この状態を解消すべく、タバコを吸うわけですが、そうするとまた新しいニコチンが体内に入ってくることになります。このニコチンを解毒するべく、また肝臓ははたらかなくてはいけないのです。こうした無限ループが続いてしまうため、肝臓は常にはたらきつづけなくてはいけないような状況に置かれます。その結果、肝細胞は酷使されてダメージを受けていくことになるのです。

 

 

上記のとおり、タバコに害はあっても利益はありません。肝臓は私たちが生きていくためには絶対に必要な臓器。いくらタフでも、有害物質にさらされ続ければ肝臓も悲鳴をあげてしまいます。自分の体を守るためにも、禁煙できるように心がけていきたいですね。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング