肝機能検査の数値の見方

肝機能検査の結果を持つ医師2

肝臓の健康を確かめるために、肝機能検査の数値に注目したいけど、見方がさっぱり分からない…。そんな風にお困りの方は多いのではないでしょうか?

 

そこでこのページでは、肝機能検査の数値の見方について説明していきたいと思います。

ALT(GPT)

肝細胞に存在している酵素の名前です。肝臓でのエネルギー代謝やアミノ酸代謝の際に重要な役割を担っています。普段は肝細胞にいる酵素ですが、肝臓が何らかのダメージを受けて細胞破壊を受けると血液中に漏れだしてしまいます。

 

そのため、この数値が高ければ高いほど、破壊されている肝細胞が多いことになるわけです。
基準値は30IU/L以下ですので、それ以上になると肝細胞が障害を受けている可能性が高くなります。

AST(GOT)

肝細胞や心臓、腎臓など様々な臓器に存在している酵素の名前です。ALTと同様に、エネルギー代謝やアミノ酸代謝において重要な役割を担っています。

 

この酵素も肝細胞がダメージを受けて破壊されると、血液中に漏れ出します。ただし、ASTの場合はALTと違って肝臓以外の臓器にも存在しているものなので、この数値が高いからといって、必ずしも肝臓がダメージを受けているとは限りません。

 

この数値が高かった場合は、同時にALT数値も高いかを確認しましょう。
ALTも高ければ肝臓に障害がある可能性が高くなります。
基準値は30IU/L以下で、これ以上になると異常値となります。

γ-GTP

肝臓や腎臓で作られている酵素です。主にタンパク質の分解と合成の役割を担っています。お酒を飲み過ぎていたり、肥満傾向にあると、通常よりもγ-GTPが大量に生成されてしまうようになります。その結果、作られすぎた分が血液中に漏れだしてしまうので、数値が高くなるのです。

 

また、胆汁や胆管細胞にも存在している酵素なので、胆管細胞が破壊されることでも、血液中に漏れだしてしまいます。そのため、この数値が高い場合は肝臓に以上があるか、胆管細胞が破壊されている可能性が高いと言えるでしょう。

 

基準値は50IU/L以下で、これ以上は異常値となります。

ALP

肝臓を始めとして、様々な細胞で作られている酵素です。レバーや乳製品などに含まれているリン酸化合物を分解するために必要です。

 

胆汁にも含まれている酵素であるため、肝障害によって胆汁うっ滞が起こると血液中に漏れだしてしまいます。また、骨の中にも多く存在している酵素であるため、骨の病気にかかった場合も数値が高まる傾向にあるようです。

 

基準値は100〜325IU/L、これよりも高い場合は肝障害や胆道疾患の可能性が高くなります。

総ビリルビン

古い赤血球が破壊されると、ビリルビンという黄色い色素が生成されます。これは通常、血液によって肝臓まで運ばれていき、そこから胆汁へと捨てられていきます。肝臓に運ばれる時のものを非抱合型ビリルビン、胆汁へと捨てられたものを抱合型ビリルビンと呼びます。

 

肝障害が起こると、抱合型ビリルビンが血液中に漏れだしてしまいます。そのため、総ビリルビンの数値が高くなってしまうのです。この数値は慢性肝炎や肝硬変の初期段階ではあまり上昇しません。しかし、状態が悪化してくると、少しずつ上昇してくるので注意が必要です。

 

基準値は0.2〜1.2r/dLで、1.3以上になると肝臓や胆管の病気の可能性が高くなります。

 

肝臓の機能を高めるためにおすすめのサプリメントランキング